旅行大通り 浦島太郎

Since 2007

浦島太郎

 
旅行大通りと星の楽園 トップページ >旅行大通りのページ>浦島太郎の気分は過去のもの


浦島太郎の気分は過去のもの


今でこそインターネットの発達で、北朝鮮など一部の国を除いて世界中のどこにいても日本の情報を容易に手に入れることができるが、ほんの少し前まではそうはいかなかった。僕も半年ほど日本を離れていると、帰国後の日本の激変ぶりにしばしば驚かされたものだ。僕は今までに半年以上の旅行を2度経験している。旅に出る前に、よく友人に「浦島太郎になって帰ってこないでね」と言われたものである。実際帰国してみると、自分は浦島太郎そのものなのである。

外国にひとたび出ると、とにかく日本の情報は入ってこない。特にアフリカや中南米の国々(ブラジルのサンパウロのリベルタージ地区は例外だが)にいると、日本の情報どころか、現地の人も日本が地球のどの辺りにあるのかすら知らない(但し、「メイド・イン・ジャパン」という言葉は知っている)。

僕がアルゼンチンにいた時、現地の新聞が珍しく当時の日本の首相であった宮沢喜一のことを写真入で記事にしていた。どういう内容だったのかは覚えていないが、写真をよく見るとその写真は宮沢喜一のものではなく、渡辺ミッチーだったのにはおったまげた。いい加減なお国柄とはいえ、少しひどすぎる。所詮、報道機関であっても、この程度である。旅行中は全く日本の情報が、手に入らなかったのである。

そのため僕は長期旅行の際、しばしば旅先で出会った日本を出国して間もない人を捕まえて、いろいろと日本の情報を仕入れたものである。僕はプロボクシング観戦が好きで、よく旅先で出会った人に日本のボクシング事情を尋ねた。しかしボクシングという、日本ではマイナーなスポーツ。旅人から仕入れた情報も、結構いい加減なものだった。

僕が長期旅行に出る少し前、日本人には不可能だといわれていたボクシングの重量級であるミドル級で、何と竹原慎二という世界チャンピオンが誕生した。僕は旅行中、彼のその後が気になり、トルコで出会った日本人旅行者に竹原が無事タイトルを防衛しているか尋ねたところ、防衛しているとのことだったので安心していた。しかし帰国してみると、竹原は初防衛戦に失敗していた。こういうことが多いのである。

また僕が旅先で出会った日本人は、北海道がソ連(現ロシア)に占領されたと真剣に信じて旅を続けていた。冗談がきつい他の旅行者に、見事に騙されたのであろう。おそらく騙したほうも、冗談で言ったのだろうが。これは極端な例ではあるが、結構いい加減な情報も出回るのである。

そしていざ長期旅行から帰国してみると、カルチャーショックというか日本が劇的に変化していたこともあった。今まで僕は日本に帰国して、本当に驚かされたことが2度ほどあった。1つは帰国後、時代が変わっていた。旅行中に天皇がお亡くなりになられ、元号が昭和から平成になっていたのである。これには本当にたまげてしまった。情報に全く疎いやつだなと言われるかもしれないが、僕は旅行中、この事実を一切知らなかった。浦島太郎の気持ちがよくわかった出来事だった。

もう1つは携帯電話の普及である。旅に出る前は携帯電話といえば、ほんの一部のビジネスマンしか持っておらず、それも山などで遭難者を捜索する時に使うトランシーバーほどの大きさのものだったが、帰国してみるとそれは胸ポケットに入るくらいに見事に小型化(当然、現在のものはもっと小型だが)され、さらにビジネスマンはもちろんのこと主婦や学生層にまで普及し始めていたのである。いやはや日本の技術の進歩と時代の流れは早いものである。人が外国でふらふらしていると、あっという間に取り残されてしまうのである。

とはいえ冒頭で述べたとおり、今では外国にいても容易に日本の情報を得ることができるようになった。いやむしろ情報がほしくなくても、情報の側から勝手に近づいてくるといったほうがよいかもしれない。帰国後のカルチャーショックを楽しみの1つに感じ始めていた僕にとって、ある意味でこれは寂しいことである。世の中が便利になることはよいことだが、それによって失われたものも多いように思う。現代の浦島太郎はもう存在しないのかもしれない。


 

旅行に関するリンク集

天文に関するリンク集

アウトドアに関するリンク集

私のお気に入りのリンク集

私のお気に入りのリンク集2

相互リンクについて・・・相互リンクを募集しています。

管理人のプロフィール

 

◆ご意見、ご感想等、お待ちしています。◆

サイト内リンク 旅行大通り

旅行大通り トップ ◆カルタヘナでのホームステイで考えたこと ◆アルゼンチン人の国民性 ◆差別の国 ベネズエラ
ラパスで本場のフォルクローレを聴く ◆ルチャリブレを見に行こう! ◆ペナンで沈没 ◆ネパールのバス 
ナイロビの水不足 ◆長時間の移動 ◆リオのカーニバル ◆世界最大の滝 ◆海外温泉紹介 ◆世界の火山紹介 
命がけのオーロラツアー ◆楽しいイランの旅 ◆バヌアツでカスタムダンスを見る ◆サービスのよい航空会社 
カンチェンジュンガの朝焼け ◆ウガンダ マーチソンフォールズ国立公園への旅 ◆人間の乗る物ではない 
とんでもない紙幣の話 ◆手ごわい国 ザイール ◆アフリカのユニークな独裁者たち ◆浦島太郎の気分は過去のもの
ビザの話 ◆フーディア 神がくれた植物
     

海外での登山・トレッキング情報 はじめに ◆ネパールヒマラヤ アンナプルナ内院トレッキング 
シッキムヒマラヤトレッキング(インド・シッキム)  ◆ウルタルベースキャンプトレッキング(パキスタン) 
ケニア山登山 ◆パカヤ火山登山(グアテマラ) ◆スメル火山・ブロモ火山登山(インドネシア)

危険な旅路 はじめに ◆危険な旅路 コロンビア ◆危険な旅路 ペルー リマ ◆危険な旅路 エルサルバドル 
危険な旅路 ニカラグア ◆危険な旅路 ナイジェリア ◆危険な旅路 ルワンダ ◆危険な旅路 ブルンジ 
危険な旅路 南アフリカ ヨハネスブルグ 

写真集 トップ ◆写真集 中南米 ◆写真集 アフリカ ◆写真集 アジア ◆写真集 北米・ヨーロッパ・オセアニア

サイト内リンク 星の楽園
星の楽園 トップ ★初めての方のための天体観測の解説 

機材について はじめに ★Meade LX200 ★冷却CCDカメラ BJ-41C、CCDカメラ Meade DSI 
Cannon Eos KissDigital IR改造カメラ 

天体観測を楽しくする天体ソフトの紹介 ★「金沢星の会」について ★「カシミール3D」で再現する、天文学者ローエルの足跡

カナダ・ホワイトホース インオンザレイク オーロラ観察記 ★オーロラ観測のノウハウ ★オーロラ観測地比較表

オーロラ写真集 ★星の写真集
Copyright (C) 旅行大通りと星の楽園 All Rights Reserved